手っ取り早く90を切るための「トップ」と「フィニッシュ」の位置

手っ取り早く90を切るための「トップ」と「フィニッシュ」の位置

 

 

まずは正しいセットアップを作る

グリーン上のゴルフボール

 

「手っ取り早く90を切るゴルフ上達法」でのセットアップの作り方は簡単です。

 

まず、気をつけをして、クラブを持ち、
クラブを剣道のように真っ直ぐ前に立ててください。
足を肩幅に開いて、真っ直ぐ真上を向いたクラブヘッドを
スーっとに下ろし、ソールを地面に付けてください。

 

そして、フェースの先を十円玉2枚入るぐらい、ちょっと上げます。
ちょっとだけハンドダウンにするということです。極端にしないで下さいね、
あくまでも十円玉、1〜2枚分です。

 

そのとき、両膝はスキーのボーゲンのように、ちょっとだけ絞ります。
両ヒザはあまり曲げすぎないようにしてください。そ
して、お尻を真上にクイッと上げるようにします。

 

このお尻をクイッと真上に上げるのが肝心です。
そして、背中は真っ直ぐにして屈み込まないと、理想的なセットアップができます。

 

□アドレス時の右ひじの位置:

 

そしてアドレスしたとき左手は真っ直ぐにし、
右手のひじは自分の体に接触するかしないかぐらいに置きます。
右ひじは伸ばしてはいけません。

 

ボールが急にバラつきだしたときには、まず右ひじの動きを疑ってください。
まず、右ひじのズレを治す簡単な方法は、右ひじと左ひじをくっつけるように
意識して打つことです。

 

両腕があまり自由にならなくなれば、
自然とボディ・ターンができるようになるのです。

 

右ひじは下を向いているのが自然体、
右ひじがスタート時点で横を向くとトップの位置でクラブも横を向いてしまう。

 

急にダフったり、トップしたりするのは、こうした右手の使い方に問題があるのです。

 

□あなたの「トップ」の位置

 

あなたの「トップ」の位置をお教えします。
これも同じように、クラブを持ち、真っ直ぐ前に出します。
そしてそのまま「右向け右」をしてください。この位置があなたの「トップ」の位置です。

 

そうすると、左後背筋に「張り」を感じることができるでしょう。
この「張り」が今までとはまったく違う飛距離を生むのです。

 

□あなたの「フィニッシュ」の位置

 

そのままクラブを正面に戻します。そして、今度は「左向け左」をしてください。
そうしてから右の踵を上げ右ひざを左ひざの後ろにつけ、クラブを担ぎます。

 

このフィニッシュの形には、体の柔らかい人、固い人、老若男女と、
それぞれ収まるところは違います。

 

ご自分の気持ちのいいフィニッシュの収まるところでいいです、
毎回同じところにフィニッシュが決まるようにフィニッシュを取ってください。

 

繰り返します、クラブを立てたまま、「左向け左」をして、
その位置で右足を送って、クラブを担ぎます。そこがあなたのフィニッシュです。

 

 

 

トップページへ